トップページ > デモカー紹介 > ROLLS ROYCE WRAITH

デモカー紹介

サービスパッケージ/価格

  • カメラ
  • ライト
  • オーディオ/ナビ
  • レーダー/ドライブレコーダー/セキュリティ
  • コーディング変更
  • テレビキャンセル/リアモニター
  • AXISインディビジュアル
  • ボディコーティング
  • ホイール/サスペンション
  • マフラー/コンピュータ
  • エクステリアアイテム
  • インテリアアイテム

Blog

Blog一覧へ

ここから本文です。

ROLLS ROYCE WRAITH

オーディオ

AXIS デモカー

ROLLSROYCE WRAITHのご紹介です。

IMG_1291

外観はNOVITECのエアサスモジュールにてローダウン

ホイールスペーサーで少しワイドトレッドにしたシンプルエクステリア

WRATHの貴賓さは崩さず極上シンプルルックに仕上げてます♪

 

デモカーを製作する際に必要不可欠なテーマですが、

今回このド級の車両に求めたテーマは、

ーーカーオーディオでの未踏の地へーー

ド級の車に求めたのはド級のサウンド

極上の車へ極上のユニットと今まで培った技術をフルに投入し

現在のデジタル機器で極限まで追い込んだ空間再現

 

 

まずユニット選定ですが、

評価していただくコンペのレギュレーション等も考慮し選んだのが以下

 

Linear PCM PLAYER

main2

BEWITH STATE MM1-D

 

DSP

main2

BEWITH Mirror Station AZ-1

 

AMPLIFIRE

main1

BEWITH Accurate A110SⅡ

 

POWER REGULATOR

main2

BEWITH  Accurate A-50A

 

SPEAKER

59706

FOCAL Utopia ULTIMA Be

 

POWER CABLE

 

M&M DESIGN  SN-MS5400/MS5800

 

SPEAKER CABLE

M&M DESIGN  SN-MS7500Ⅱ

 

RCA CABLE

M&M DESIGN 7N-MA7000Ⅱ

 

FUSE&DISTRIBUTION BLOCK

audio technica

 

これらのユニット群を使用し、

同じクオリティで複製できるよう製作。

ここが今回の最重要ポイント

 

ワンオフではなく、製品として提供する。 他にはない試みです。

 

製作はAXIS TECHNICALBASE にて

先ずは

ユニット位置の選定や

ワイヤリング経路

トランク周りの使い方等を考慮したユニット配置等を

各部バラシながら決めていきます。

 

IMG_0774

新たにハイエンドシステムを追加し、純正との2システムでインストールする為

純正ユニットを残しつつ、且つ車の品位を落とさぬよう事前構想は必須です。

 

DSC_2685

ROLLS独特のスーサイドドア

ワイヤリング経路は普通のドアよりもショートカットできますが、

肝心のスピーカーユニットを付けたい場所はドアの支点から一番離れた場所。

しかも16cmユニットが入るスペースなんて全くありません・・・。

ROLLSからの挑戦状

求められるインストレーションレベルは超ハイエンドでしたが、

 

今まで培った技術を以って施工致しましたドアは

IMG_0105

問題のスペースも確保し、パリっとインストール!

フルカーボン化したパネルはオプション仕様です^^

IMG_0120

凛々しく佇むツィーター は高級ホームオーディオをイメージしデザイン

ツィーターの微弱な振動でさえ、受け止める強度を求められるハイエンドオーディオ

ジュラルミンのバックチャンバーと支柱で受け止めます。

 

 

トランク内 ユニットとエンクロージャーの配置を製品化できるよう、

大まかな感じをまずイメージ。

製作するスタッフと共有する為、スケッチします。

IMG_0731

原寸のユニットを実際並べると、絵のような配置にはいきませんでしたが、

こういうスケッチがあると、コレは嫌、ここはこうしたい という具体的な意見は出しやすいものです。

 

3

 

DSC_2832

ラックはすべてジュラルミン

ケーブル経路も計算し無駄なく配置

 

IMG_1128

組み上げながら修正箇所をチェックし製品にしていきます。

 

DSC_2774

サブウーハーのエンクロージャー内部

 

DSC_2814  

WRAITHはリヤシート背面が可動式ではない為、

アームレスト上部からポートを室内に引き込みます

 

DSC_2830

 

2

化粧パネルはブラックレザーにて仕上げ

綺麗に収まりました。 

 

DSC_2811

サブウーハーのエンクロージャーやユニットを組付けたラックを支えるベース部は、

点支点にし、車両剛性に不可かけないように製作。 

 

1

 

IMG_0123

もろもろ組み込んだ状態がこちら

FUSEやリレー類はアクセスし易いよう表面に配置

ラックサ両サイドに通気用ファンを設け熱こもりを防ぎます。

 

DSC_3573

純正調カーペットでデザインパネルを製作しフィニッシュ

重厚感あるロゴの左右にデザインバーを配置しROLLSのイメージを

スモークパネルから覗くアンプのLEDがアクセントになってます。

 

4

 足早に紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

普段あまり見る事のないデモカーの裏側が少し垣間見れたかと思います^^

 

IMG_8253

大阪オートメッセや各雑誌媒体での紹介で話題を呼んだデモカーWRAITH

電源を入れた瞬間

風格漂う室内からは今まで聴いたことのない空間が浮き出し

楽曲個々の持つ世界観へと誘います。

IMG_69711

評論家様やFOCAL本国マネージャー様にも認められたサウンドは

FOCALサウンドコンテストにて2年連続優勝!

IMG_0995

音楽の楽しみ方は様々ですが、

住まいでオーディオを楽しむ事が難しい昨今

カーオーディオの発展は必須。

プライベート空間の第一候補は誰にも邪魔されない車内。

AXISでは今回のような様々な事にチャレンジし

得た経験と技術を次またお客様車両へとフィードバック

珠玉の空間創りをご提供させていただきます。

 

 

デモカー紹介一覧へ戻る

このページの先頭へ

AXIS YOKOHAMA

AXIS YOKOHAMA | アクシス横浜
〒224-0021
神奈川県横浜市都筑区北山田1-12-9 tutoya paseo 1F
TEL/ 045-548-3381 FAX/ 045-548-3382

アクセス

AXIS YOKOHAMA(アクシス横浜)は輸入車をメインに、オーナー様の個性を放ちながらも、決して派手すぎない、クルマ本来の魅力ともマッチしたカスタマイズに取り組んでいます。お車のカスタマイズなら横浜のAXIS YOKOHAMAにお任せ下さい。

RISE AUDIO VISUALAXIS OSAKA

AXIS PRODUCTS

Follow Us

facebooktwitter

取扱車種

ポルシェ 911 ボクスター ケイマン カイエン パナメーラ マカン

フォルクスワーゲン ゴルフ POLO up! シロッコ ザビートル トゥーラン シャラン ティグアン

アウディ A1 A3 A4 A5 A6 A7 A8 TT Q3 Q5 Q7 R8

BMW 1シリーズ 3シリーズ 4シリーズ 5シリーズ 6シリーズ 7シリーズ X1 X3 X5 X6 Z4 MINI

メルセデスベンツ Aクラス Bクラス Cクラス Eクラス Gクラス GL/MLクラス CL/SLクラス CLS/SLSクラス Sクラス

ランドローバー レンジローバー イヴォーク レンジローバー スポーツ レンジローバー ヴォーグ

フォード エクスプローラー

マセラティー クアトロポルテ ギブリ

アストンマーティン DBシリーズ

他 外車、日本車全般